インプラントで歯を再建

歯を失ってしまっても、インプラントなら本物の歯と同じように見せることができる。
インプラントをすれば、違和感なく食事を楽しむことができる。

歯を失ってしまった方にとってインプラントは、とても心強い味方になってくれます。とはいえ、インプラントは入れ歯や義歯と比べるとまだまだ新しい技術・・・。そのため興味はあってもなかなか勇気がないという方も多いのではないでしょうか。
そこでここでは、インプラントの不思議についてちょっと紐解いてみたいと思います。

インプラントとは?

そもそもインプラントとはどういったものなのでしょうか。
人間の歯には、歯根と呼ばれる部分、言ってみれば歯の根っこの部分があります。虫歯の場合は虫歯部分を削ったとしても歯が残っているため詰め物をすれば元通りとなるわけですが、歯を失ってしまった場合にはこの歯根部分もなくなってしまいますので、詰め物等では対応することができないのです。
そこでインプラントでは、まず歯根部に相当する部分に専用の部品を埋め込んで人工歯根を作ります。そしてその人工歯根の上から、患者様に合わせて制作した人工歯をかぶせるというわけです。
インプラントは入れ歯や義歯と異なり歯茎の奥深く、歯槽骨の部分に人工歯根を埋め込みますので、食事の味や温度に違和感を感じにくく、噛む力も衰えません。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントは大きく分けて3つの構造でできています。インプラント(インプラント体)、アパットメント(支台部)、上部構造(人工歯冠)です。

インプラント体とは、歯槽骨の部分に埋め込むチタン製の人工歯根のことをいいます。歯槽骨に定着しやすいよう、ねじのような形状になっています。

アパットメントとは、人工歯冠とインプラント体とを連結する役割を持っているものです。

上部構造、人工歯冠とは、いわゆる「歯」に相当する部分です。ジルコニアやセラミックなど、本物の歯のように白く透明感のある材質や、比較的リーズナブルな材質など、ご予算に合わせて選択することが可能です。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリット
インプラントのメリットとしてはまず、本物の歯が生えていた時と同じような噛み心地を再現することができるということが挙げられます。インプラントは、人工歯根を埋め込む治療法、つまり、まるで本物の歯を人工的にはやすかのような治療法ですので、その機能自体も限りなく本物に近づけることができるのです。
そのため、硬い食べ物もしっかりと噛むことができますし、熱いもの、冷たいものといった口の中に入れたものの温度もしっかりと感じ取ることができます。

また、インプラントの場合何本でも治療することができます。義歯の場合、両隣の歯が欠損していると治療が困難ですが、インプラントは1本1本埋め込んでいきますので、周りの歯に負担をかけることなく何本でも治療することができるのです。

さらに、上でも説明したようにインプラントでは人工歯の質感を限りなく本物に近づけることができます。また、入れ歯や義歯のように金具が露出することもありませんので、他の人から見るとインプラントをしていること自体気づかれないと思います。
インプラントのデメリット
残念ながらインプラントは、すべての方に適応する治療法ではありません。重度の歯周病や闘病病の既往がある方は、インプラントをできない場合があります。

また、インプラントをするにあたっては、長期にわたる治療期間を要します。複数回のオペが必要になる場合もありますし、人工歯根があごの骨に定着するためには数か月間を要します。

さらに、インプラント治療では保険を利用することができません。そのため治療費が高額になってしまいます。

インプラントの症例

インプラントの症例 インプラントの症例
インプラント前   インプラント後

インプラントよくある質問 Q&A

これまでインプラントについて説明してきまいたが、やはり疑問や不安は尽きないと思います。そこで、ここでは患者様からよくいただく質問をご紹介させていただきます。

いつから噛めるようになりますか?

患者様の状態によっても変わりますが、インプラント治療をしてから約2か月程度で噛むことができるようになる方が多いです。2か月程度経過すると、手術により埋め込んだ人工歯根があごの骨に定着してくるからです。

どのくらい持ちますか?

インプラントは入れ歯や義歯と比較して耐久性に優れているという特徴があります。そのため、定期的な検診を受けるとともにご自宅で適切なケアを行うことで、インプラントを長持ちさせることができます。個人差はありますが、15年程度良好な状態を保つことができる方もいらっしゃいます。

入院は必要ですか?

インプラントの手術は、基本的に日帰りで手術可能ですので入院する必要はありません。ただし、患者様の体調によっては入院が必要となる場合もございます。

費用はどのくらいかかりますか?

インプラントにかかる費用は、手術費用、インプラント費用、インプラントに被せる人工歯冠の材質により算出されます。手術費用や人工歯冠の費用は患者様によって異なりますのでまずはご相談ください。
※ちなみにインプラント治療は、医療費控除の対象となります。

インプラント治療はやはり痛いですか?

インプラント治療で行う手術は、抜歯するのと同程度の手術と考えていただいて結構です。そのため、術後はある程度の痛みを伴うことがありますが、そこまで心配される必要はありません。 また、歯を抜くのと同時に人工歯根を埋め込むという方法もありますので、より負担を少なく手術することも可能です。

本文は、あくまでも一般的な場合を想定しております。患者さんの年齢・健康・お口の状態によって異なってきます。詳しくは、ご相談下さい。

定期的なメンテナンスを

手術をしてインプラント体を埋め込み、人工歯を被せた後は、「これでもう大丈夫」と思って安心しきってしまい方がいらっしゃいます。
しかしインプラントも万能ではありません。
適切なメンテナンスを怠っていると、あるいは間違ったメンテナンスや自己流のメンテナンスしかしていないと、周りの歯茎が痩せてしまったり、かみ合わせが悪くなってしまったり、インプラントの周辺の歯に悪影響が出てきたりします。

インプラントは周りの歯を傷つけることなく歯を再建することができる素晴らしい技術ですが、だからと言って何のお手入れもしなくていいというわけではありません。
インプラントを装着した後は、必ず定期検診を受けて適切なメンテナンスをするようにしましょう。そうすることで、インプラントを長持ちさせることができます。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ


一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード