違和感のない義歯・入れ歯

歯を失ってしまった場合、治療法としてはインプラントや義歯、入れ歯、ブリッジといった方法があります。これらの方法のうち、義歯や入れ歯は保険を使用して治療することがきりため、治療法として義歯や入れ歯を選択される方も多くいらっしゃいます。

入れ歯・義歯の種類

部分入れ歯

歯の一部がなくなってしまった場合、部分入れ歯により治療を行います。部分入れ歯には、バネのあるタイプとバネのないタイプの2種類があります。バネのあるタイプは保険を利用して治療することができますが、バネのないタイプについては自由診療となります。

バネがあるタイプ

バネがあるタイプの入れ歯は、患部の両隣にある歯にバネをひっかけることで装着します。この治療法ではどうしてもバネをひっかける歯に負担をかけてしまうため、その歯の寿命を縮めてしまうこともあります。
また、口を大きく開けると部分入れ歯の金具が見えてしまうというデメリットがあります。

バネがないタイプ

バネがないタイプの入れ歯は、金具を使用しないで装着します。そのため口を大きく開けた時にも入れ歯を入れていることを気づかれにくく、着け心地やフィット感もバネがあるタイプの入れ歯より良いようです。

総入れ歯

プラスチック製の総入れ歯

これは、土台の部分がプラスチックでできているものをいいます。保険適用で治療をすることが可能ですが、食べ物の温度や味を感じにくいというデメリットがあります。また、フィット感にも欠け、違和感を感じる方が多いようです。

金属製の総入れ歯

これは、入れ歯の土台部分が金属でできている入れ歯のことをいいます。素材に金属を使用することで、土台部分を薄くすることに成功しました。そのため、プラスチック製の入れ歯と比べて飲食物の温度や味を感じやすく、フィット感にも優れています。  ただし、金属製の総入れ歯は自由診療となります。

義歯・入れ歯で美味しい食事を

人間にとって、食事をおいしく食べることはとても大切なことです。
息をすること、心臓を動かすこと、体動かすこと、痛んだ組織を修復すること・・・、人間の体は毎日様々な活動をしていますが、そのエネルギー源は全て食事によって摂取する食べ物に含まれる栄養分で補われています。
そう、食事は人が生きていくうえで欠かせないものなのですね。

ところが歯を失ってしまったり、義歯や入れ歯が合っていなかったりすると、うまく食べ物を噛むことができなくなり、美味しく食事を摂ることができなくなってしまいます。また、食べ物を噛むと痛みを感じるようになると、食事を摂ること自体が苦痛になってきます。
そうすると、次第に食欲もなくなり、食欲がなくなることで体調も悪くなっていく・・・。なんていう負のスパイラルに陥ってしまうことすらあります。

口腔内の健康と体の健康は密接な関係があります。
いつまでも健康な体でいるためにも、歯を失ってしまった場合には歯科医院を受診し、自分に合った義歯や入れ歯を作ることが大切なのです。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ


一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード