親知らずが痛む

親知らずの抜歯にも無痛治療の適応が可能です

親知らずは虫歯の好発部位です。ご存知の通り、親知らずは口の一番奥に生えていますので、どうしても歯ブラシが届きにくくなってしまい、食べかすなどが残りやすいのが原因です。
そして親知らずが虫歯になってしまった場合、抜歯をするのがベストな選択肢になります。抜かずに治療することも可能なのですが、親知らずの隣に生えている歯が虫歯になりやすい状態にあったり、虫歯が進行していたりするような場合にはやはり抜歯してしまうことをおすすめします。

当院では、抜歯の際にもれできるだけ痛みを感じさせない無痛治療を行っております。

痛くない抜歯

STEP1初診 親知らずの状態を確認する

痛くない抜歯

初診時にはまず、レントゲン撮影等を行う虫歯の状態を確認します。親知らずがまっすぐ生えているか、腫れや炎症はあるかという点について入念にチェックをしていきます。
また、当院では患者様の安全を最優先に考え、初診日には抜歯を行いません。腫れや炎症がある場合には抗生物質等を処方し、症状が改善してから抜歯を行います。
そうすることでスムーズに抜歯をすることができるうえ、抜歯後の傷の治りもよくなります。

STEP2抜歯

痛くない抜歯

抜歯をする際には、無痛麻酔を施し、まったく痛みを感じない状態のもの慎重に歯を抜いていきます。親知らずが歯ぐきの表面に出てくれている場合には30分ほどで、歯茎の中に埋もれてしまっている場合でも1時間程度で抜歯をすることができます。

STEP3抜歯後の消毒と確認

痛くない抜歯

抜歯をした後は、翌日にご来院いただいて傷の状態の確認や消毒を行います。傷口を縫合した場合は、1週間後に抜糸となります。

親知らずのよくある質問

複数の親知らずを一度に抜くことはできますか?

できるかできないかで言えば、できます。しかし、体にかかる負担や日常生活への影響を考えると、やはりおすすめはできません。
どうしても一度に複数の親知らずを抜きたいという場合には、左側の上下、右側の上下というように、どちらかの歯の上下の抜歯をするといいでしょう。親知らずを抜くとしばらくの間は痛くて食べ物を噛むことができませんので、そうすることで、左右どちらかで食べ物を噛むことができるからです。

埋まってしまっている親知らずを抜くことはできますか?

親知らずが歯ぐきの中に埋まっている場合、特に痛みや腫れがないのであれば抜歯する必要はありません。しかし、何らかの不具合がある場合はやはり抜歯したほうがいいでしょう。
埋まっている親知らずも抜くことは可能ですが、親知らずの生え方によっては外科的な手術が必要となる場合もあります。

痛みは?腫れは?

抜歯中は麻酔が効いていますので、痛みを感じることはありません。また、当院では鎮痛剤を処方しておりますので、これを服用することで適切にペインコントロールをすることができます。
また抜歯後数日間は腫れることがありますが時間の経過とともに引いてきますのでご安心ください。

親知らずが原因で起こる様々な症状

親知らずは虫歯になりやすく、また変な方向に生えたりもするちょっと厄介な存在です。もちろん親知らずが真っ直ぐ生えて、虫歯にもなっていない場合には何の問題もないのですが、時に深刻な症状を呈する場合があります。

例えば歯茎の腫れです。
親知らずが歯茎の上に出てこられない場合、あるいは真っ直ぐ生えてきていない場合は歯茎が腫れてしまうことがあります。
そしてその腫れを放置していると、その部分が化膿して顎の方にまで炎症が広がっていきます。
またその炎症が喉の方にまで広がってくると全身の倦怠感や強い痛み、高熱といった深刻な症状が出たり、最悪の場合には心臓周辺にまでその炎症が広がってしまい大変深刻な事態になる可能性もあるのです。

親知らずに異変を感じた場合は、すぐに歯科医院を受診して適切な治療を受けましょう。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード