歯の詰め物が取れたら・・・

歯の詰め物(かぶせ物)が取れてしまった方へ

かたいものを食べているときに「あれっ?」と思ったら歯の詰め物が取れていた、なんてこと、よくありますよね。歯の詰め物が取れた場合、歯科医院で簡単に治すことができますので、お気軽にご来院ください。

歯の詰め物には、様々な種類があります。一昔前は合金製の銀色の詰め物が主流でしたが、最近では本物の歯の色に近く、耐久性や強度も銀の詰め物よりも優れている材質があります。当院でも様々な素材を扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

ちなみに保険診療において一般に使用される銀歯ですが、確かに費用を安く抑えることができるというメリットはあります。しかし銀歯にはデメリットも存在します。
それは、銀歯は耐用年数が2~5年であるため経年に伴い詰め物と歯の間に隙間ができ、虫歯になりやすくなるということです。詰め物をしたところに虫歯が発生してしまうと、その周りをさらに削らなければならないため次第に歯を失っていくことになるのです。

また、詰め物が取れた場合、絶対に放置しないようにしましょう。詰め物が取れた状態の歯は虫歯になりやすいだけでなく、舌に刺激を与えることで口内炎ができやすくなったりもします。

詰め物が取れた歯が癌の原因に?

何かの拍子に歯の詰め物が取れてしまった場合、どうしていますか?
詰め物が取れたことで痛みを感じたりする場合にはすぐに治療を受けるでしょうが、特に何の支障もない場合、「今度でいいか」とついつい放置してしまいがちです。

しかし詰め物が取れた歯を放置していると、大変なことになってしまう場合があります。
歯の詰め物が取れてしまった部分は、その表面が尖っていることがあります。そしてその尖った部分が常に下に触れていると、口内炎になってしまったり、長期間に及ぶ刺激が原因となって舌癌を発症してしまったりすることもあるのです。

歯の詰め物が取れてしまった場合には、早急に治療を受けましょう。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ


一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード