知覚過敏を治したい

心当たりはありませんか?

心当たりはありませんか?

冷たいものをもむと歯がキーンと痛む、食べ物が歯のある部分に触れると思わず飛び上がるような不快感がある、そんな症状、ありませんか?
これらの症状がある場合は、知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏は治療できます

知覚過敏の原因には様々な要素がありますが、歯ぎしりや歯の磨きすぎにより歯の表面が削られてしまうことや、歯周病により歯茎が痩せてしまい、本来露出していない歯根部分が露出してしまうことなどが代表的な原因として挙げられます。

そして知覚過敏の症状が出てしまった場合は、その原因に応じた治療を行う必要があります。

まず、間違った歯磨きが原因で知覚過敏になってしまった場合、歯磨きの仕方を改善する必要があります。当院では正しい歯磨きの指導も行っておりますので、ぜひご来院ください。
正しい歯磨きを行うことで、歯にかかる負担を軽減し、歯の表面が削れてしまうのを防ぐことができます。

また、歯ぎしりや噛み合わせの悪さが原因で知覚過敏になってしまった場合、まずはこれらの原因を改善する必要があります。歯ぎしりについてはマウスピースを使用することで歯にかかる負担を和らげることができますし、噛み合わせが悪い場合には歯の表面を軽く削って調整することで、噛み合わせを良くすることが可能です。

そして歯周病が原因で知覚過敏が起こっている場合は、早急に歯周病の治療を開始します。プラークコントロールや歯石の除去を行い適切な治療を行うことで、歯周病はもちろん、それに伴って発生した知覚過敏も治すことができるのです。

乱暴な歯磨きは危険

知覚過敏は、歯の表面が削られてしまうことによって起こります。
人間の歯は外側から順に「エナメル質」、「象牙質」、「歯髄」という組織でできており、歯髄の中に、歯の神経が通っています。
健康な歯の場合、歯の神経は象牙質やエナメル質で保護されているため冷たいものを口に入れても歯がしみることはないのですが、何らかの原因で歯のエナメル質が損傷してしまうと、歯髄の中の神経が刺激されて歯がしみるようになるのです。

そして歯のエナメル質が損傷してしまう意外な原因が、乱暴な歯磨きです。特に歯磨き粉を使った乱暴な歯磨きは危険です。
歯磨き粉の中には研磨剤が入っています。そしてこの研磨剤が付着した歯ブラシで乱暴に歯を磨くと、歯のエナメル質を損傷してしまうというわけです。

歯磨きをする際は、あまり力を入れてゴシゴシとこすらないように注意しましょう。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード