歯科治療は痛くない

虫歯や歯周病の治療をする際、最も不安なのが治療中の痛みだと思います。痛みが予想される治療を行い際には麻酔を使用しますが、その麻酔を打つ時の痛みが怖いという患者様の沢山いらっしゃいます。
そこで当院では、麻酔時の痛みを最小限に抑える工夫をしております。

無痛麻酔について

STEP1表面麻酔

無痛麻酔について

麻酔を行う際にはまず、麻酔効果のある外用薬を歯茎の表面に塗ることで表面麻酔を施します。この表面麻酔をすることで、麻酔注射の針を刺す際の痛みを軽減することが可能です。

STEP2麻酔薬を適温に温める

無痛麻酔について

そして注射する麻酔薬は37度に温めます。人間の体は、自分の体温と異なる温度の物質が注入されると刺激を受け、それを痛みとして感じてしまうことがあるのです。麻酔薬を温めると、この刺激を軽減することができますので痛みを感じなくて済むのです。

STEP3細い針を使用する

無痛麻酔について

そして麻酔注射に使用する針は最も細いものを使用し、注入速度や注入圧力を調整することができる電動麻酔注射器を使用して麻酔をゆっくりと注入していきます。

治療の前にリラックス

内科等を受診する場合とは異なり、歯科医院を受診する際はとても緊張しますよね。そしてその最大の理由は「治療への恐怖心」でしょう。
歯科治療では歯を削ったり歯と歯茎の間に器具を入れて歯石を除去したり、あるいは麻酔注射をしたりといったように、他科における治療よりも恐怖心を感じる処置が多くあります。
また人間は恐怖心を持っていたりひどく緊張していたりすると、神経が過敏になるためちょっとした刺激でもそれを「痛み」として感知してしまうことがあります。

当院では、麻酔薬を適切に使用するとともに麻酔注射をする際には表面麻酔をするなどし、できる限り患者様が痛みを感じないで済む治療を行っています。また痛みに関して不安がある方に対してはその不安をできるだけ和らげるよう配慮しておりますので、安心して治療を受けて頂ければと思います。
力を抜き、リラックスして治療を受けて頂くことで治療中に感じる痛みを最小限に抑えることができます。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード