欠けた歯を治そう

歯の構造について知ろう

歯の構造について知ろう

人間の歯は内側から順に、歯髄、象牙質、エナメル質の三層で構成されています。歯髄の中には血管や神経が通っており、その周りを象牙質が、さらにその周りを最も硬い組織であるエナメル質が覆っているというわけです。

歯が欠けた場合の治療法

そんな頑丈にできている歯ですが、事故やけが、噛み合わせの問題等でかけてしまう場合があります。歯のエナメル質の部分が欠けてしまうと、その下にある象牙質の部分がむき出しになってしまいます。
そして象牙質の組織はエナメル質の組織よりも弱いため、虫歯になりやすくなったり、知覚過敏を起こしてしまうことがあるのです。そのため、歯が欠けてしまった場合には早急に治療をするようにしましょう。

歯が欠けてしまった場合、歯科医院では補綴という方法による治療を行います。医療用の素材を用いて、歯が欠けてしまった部分を補修するのです。
補綴に使用する素材には、保険を利用できるものや自由診療となるもの等、様々な種類があります。自由診療になってしまいますが、セラミック製のものを使用すると、歯の透明感まで再現することができるため、より自然に仕上げることが可能です。
また、審美性を追求したいという方にはクラウンをかぶせるという方法もご提案しております。

さらに、歯の欠損具合によっても治療方法が変わってきます。
歯の一部分が欠けてしまった場合にはインレーという方法がありますが、歯が丸ごとなくなってしまったという場合には義歯や入れ歯、インプラントという治療法を選択せざるを得ません。

歯が欠けた場合の治療法

欠けた歯を放置すると・・・

スポーツをしているとき、あるいは転んでしまった際に歯が欠けてしまった場合、特に何の痛みもなければそのまま放置してしまうという方もいらっしゃりかと思います。しかし、欠けた歯をそのまま放置しておくことには、様々なデメリットがあります。

欠けた歯を放置しておくデメリットとしてまず挙げられるのが、虫歯になりやすくなるということです。
歯はエナメル質という硬い素材で覆われているのですが、歯が欠けてしまうとその下の柔らかい象牙質の部分がむき出しになってしまいます。象牙質は虫歯の酸で簡単に溶けてしまうため、欠けてしまった歯は他の歯と比べて虫歯にかかりやすくなるのです。
またこの他にも欠けた歯を放置していると、欠けた部分が変色してしまったり知覚過敏になってしまったりすることもあります。

欠けた歯を放置していてもいいことは一つもありませんので、早急に歯科医院を受診し、治療を受けましょう。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード