虫歯を治したい

歯の痛み、虫歯でお困りの患者さまへ

虫歯になると辛いですよね・・・。夜中に歯がズキズキと痛んで眠れない、なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。虫歯は風邪と違って放っておいてもよくなることはありません。それどころか、放置すればするほど悪化させてしまいます。
虫歯ができた場合は早急に治療を行いましょう。

虫歯は早く治療しよう!

虫歯はできるだけ早く治療したほうがいい。わかってはいてもなかなか歯科医院に足が向かず、放置して悪化させてしまうという方も多いのではないでしょうか。しかし虫歯を放置していると、最悪の場合歯を失ってしまうこともあるのです。 また、虫歯が悪化すればするほど治療時にかかる負担も大きくなってしまいます。ここでは、虫歯の段階に応じた治療法をご紹介させていただきます。

軽度の虫歯

虫歯がまだ小さい場合は、その部分を軽く削り、そこを樹脂で固めるだけで治療を完了させることができます。痛みもなく、歯にもあまり負担を与えません。

中度の虫歯

虫歯がある程度進行していると、少し深く削る必要があります。そのため患部を削った穴も樹脂で埋めるのではなく詰め物を作って入れる必要があります。そのため、最低でも2回の通院を要します。

重度の虫歯

虫歯を長く放置してしまった場合、歯のかなり深いところにまで虫歯が進行してしまいます。ここまで来てしまうと虫歯を削るだけではなく、歯の大部分を削る必要があります。場合によっては神経を抜かなければなりません。 そして詰め物では歯を再建することができませんので、被せ物をする必要があります。当然、何度か通院する必要もあります。


以上のように、虫歯を放置しているとその治療がかなり大変になってしまいますので、虫歯を発見した場合は一刻も早く歯科医院を受診し、適切な治療を受けましょう。

虫歯が発生するメカニズム

虫歯は、歯の表面に付着した虫歯菌が原因で発生します。
歯の表面に付着した歯垢(プラーク)には虫歯菌が潜伏しています。そしてこの虫歯菌は食事の際に口の中に運ばれた食べ物から栄養を取り込み、どんどん酸を放出していきます。
歯はその表面が硬いエナメル質で覆われているのですが、虫歯菌が放出する酸はこのエナメル質の内部に浸透し、次第に歯を溶かしてしまいます。そして酸によって溶かされてしまった歯の組織は、脆く、柔らかくなってしまうのです。
この脆くなった部分が「虫歯」というわけです。
そして脆くなった歯の内部にはどんどん虫歯菌が侵入していき、最終的には歯に大きな穴が開いてしまいます。
以上が虫歯が発生し、そして進行していくメカニズムです。こうしてみてみると、虫歯治療を早期に開始することがいかに重要かということがよくわかりますね。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ


一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード