歯のクリーニングをしたい

ホワイトニングとの違い

ホワイトニングとの違い

歯の健康を維持する方法として「クリーニング」という方法があります。では、クリーニングとホワイトニングは何が違うのでしょうか。
ホワイトニングが色素沈着してしまった歯を白くするものであるのに対して、クリーニングは歯に付着した汚れや歯石を除去することをいいます。
ホワイトニングが漂白であるならば、クリーニングは洗濯、といったところでしょうか。

クリーニングの方法

研磨剤で歯を研磨

研磨剤を使う方法

この方法では、歯の表面に研磨剤を塗って歯の汚れを除去していきます。ごくわずかとはいえ歯の表面を削ることになりますので、頻繁に行うことはできません。
患者様の中には、歯の表面がざらざらになっている方がいます。研磨剤で歯を磨くと、歯の表面をつるつるにすることができますので、そういった方にはこの方法がおすすめです。

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)

これは、専門的な機械を用いて歯の表面や歯間を磨く磨き上げる方法です。詳しくは「PMTCを受けたい」をご参照ください。
詳細はこちらから

スケーリング

スケーリング

スケーリングとは、歯石を除去する際に使用する器具を使用して歯石を除去することをいいます。定期的に歯石を除去することで、口臭や虫歯を防止することができます。
詳細はこちらから

歯のホワイトニング

ホワイトニング

クリーニングはあくまで歯に付着した汚れや歯石を除去するためのものです。「歯を白くしたい」という方には、より審美性を追求できるホワイトニングをおすすめします。
詳細はこちらから

定期的なクリーニングを

人間の歯は、一見歯並びがいいように見えても少し重なって生えていたり、奥歯はその表面が入りくんでいたりというように、とても複雑な形になっています。そのため、毎日ブラッシングをしていても磨き残しというものは出てきます。
また歯と歯の間、いわゆる"歯間"に詰まったプラークは日常のお手入れでは完全に除去することが困難です。

当院では、様々なPMTCやスケーリング、研磨剤を用いた方法等により歯の表面についた歯垢や歯石を除去したり、ホワイトニングによって歯の色をきれいにしたりする「クリーニング」を行っています。
歯のクリーニングは審美性を高めることはもちろん、口臭や歯周病、虫歯の予防にもつながりますので、定期的な歯のクリーニングをおすすめします。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ


一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード