審美歯科で綺麗に治療

審美歯科とは

歯の役割は、食べ物を噛むだけではありません。ニコッと笑った時にちらりとのぞく歯、その歯が美しいと表情まで素敵に見えます。そう、歯にはあなたの印象を良くしてくれる役割もあるのです。
しかし虫歯の治療等により歯に詰め物をしている場合、笑った時にちらつくのは白い歯ではなく銀色の金属である、なんてこともあります。そうなってしまうと自分でもそのことが気になって、口を大きく開けて笑うのをためらったり、自分の笑顔に自信が持てなくなったりします。
そこで登場したのが審美歯科です。審美歯科とは、歯の「見た目の美しさ」に重点を置いた歯科治療なのです。

保険適用により行う治療では、金属製の銀歯や合金製の詰め物を使用するのが一般的でしたが、審美歯科ではセラミックやジルコニアといった透明感や白度に優れた材質を使用することにより、歯をより美しく自然な仕上がりにすることができます。

クラウンとインレー

義歯や入れ歯の材質についてご説明する前に、ちょっと知っておいていただきたいことがあります。それは、クラウンとインレーについてです。

クラウンとインレー

クラウン

クラウンとはいわゆる歯の被せ物のことで、歯の欠損度合いが酷く詰め物をすることでは補修することができない場合にこの方法で治療します。

クラウンとインレー

インレー

これに対してインレーとは歯の詰め物のことをいい、虫歯等で削った部分を補修する際に用いられる治療法です。

クラウン・インレーの材質

クラウンやインレーの材質には様々なものがあります。ここでは、具体的にどのようなものがあるのかご紹介させていただきます。

クラウン・インレーの材質

・レジン樹脂
これは、保険適用で使用することができる材質としてもっとも有名なものです。確かに治療費を安く抑えることは可能なのですが、耐久性がなく、また強度も弱いため経年に伴い変色したり欠けたりすることがあります。 そのため、あまりおすすめはできません。

・銀歯
これについてはご存知の方も多いでしょう。その名の通り、「銀歯」です。審美性にも欠けますし、金属アレルギーを起こす可能性もあるためやはり使用はおすすめできません。



以上2つが、保険適用で使用することができるクラウン・インレーの材質になります。保険適用ですと、審美性も機能性も制限されてしまいますね。

クラウン・インレーの材質

これに対して自由診療で使用する材質は、審美性にも機能性にも優れているものが多くあります。

具体的には、オールセラミックスやジルコニア、メタルボンド、ハイブリッドセラミックス、金歯などがあります。


以下、これらの材質についてご説明させていただきます。

様々な治療法

クラウン(前歯)

種類 写真 特徴
レジン前装鋳造冠 レジン前装鋳造冠 材質:銀合金
見た目:見える所だけ白
特徴:
これは銀合金でできており、見える部分のみ白い材質です。ただし、他の材質のように歯の透明感を出したり、色の微調整をすることはできません。また経年に伴い変色したり臭いが発生したりすることもあります。さらにこの材質は耐久性が劣るため、噛み合わせの具合によってはヒビが入ったり破損したりする場合があります。
メタルボンド冠 メタルボンド冠 材質:白金+金 セラミック
見た目:全部(又は見える所だけ)白
特徴:
これは、白金+金とセラミックでできたもので、クラウンのすべてまたは見えている部分を白くすることができる材質です。
この素材は最も天然歯に近い色合いで、透明感も再現することができます。また経年とともに変色することもなく、強度もあるため噛み合わせにより破損することもありません。さらにその材質上、抗菌性にも優れており口腔内を衛生的に保つことが可能です。
ファイバーコア ファイバーコア 材質:グラスファイバー
見た目:白
特徴:
グラスファイバーは弾性が、本来の歯に近い硬さにつくられていますので、残った根元の歯に負担がありません。メタルフリー(金属を使用しない)なのでオールセラミック冠と合わせると高い審美性を発揮します。エステニア・エンジェル冠の土台として使用。

クラウン(奥歯)第一小臼歯以後

種類 写真 特徴
保険銀合金 保険銀合金 材質:銀合金
見た目:銀色
特徴:
一般的によく使われる素材で、保険が適用できるのが利点です。ただし、金属が硬く対面歯が痛む危険性があったり、金属アレルギーが出ることもあります。また、ゴールドに比べて、変色もしやすく、徐々に黒ずんできます。
メタルボンド冠 メタルボンド冠 材質:白金+金 セラミック
見た目:全部(又は見える所だけ)白
特徴:
これは、白金+金とセラミックでできたもので、クラウンのすべてまたは見えている部分を白くすることができる材質です。
この素材は最も天然歯に近い色合いで、透明感も再現することができます。また経年とともに変色することもなく、強度もあるためかみ合わせにより破損することもありません。さらにその材質上、抗菌性にも優れており口腔内を衛生的に保つことが可能です。
ゴールド冠 ゴールド冠 材質:金
見た目:金色
特徴:
いわゆる「金歯」です。金でできているため、最もアレルギーの心配がありません。耐久性や強度にも優れています。
白金加金 白金加金 材質:金とプラチナ
見た目:銀色
特徴:
これは金とプラチナでできている素材です。保険適用により使用される銀歯とは異なり、アレルギーの心配もなく強度や耐久性にも優れています。

インレー

インレーの素材にも、自由診療で使用される保険銀合金以外にゴールドインレーと白金加金インレーとがあります。
種類 写真 特徴
保険銀合金 保険銀合金 材質:
見た目:銀色
特徴:
一般的に良く使われる素材で。保険が適用できるのが利点です。ただし、金属が硬く対面歯が痛む危険性があったり、金属アレルギーが出ることがあります。
ゴールドインレー ゴールドインレー 材質:金
見た目:金色
特徴:
金でできた素材で、アレルギー等の心配がありません。金は、人体に最も害のない素材といわれています。耐久性や強度も優れています。
白金加金インレー 白金加金インレー 材質:金とプラチナ
見た目:白っぽい金色
特徴:
これは金とプラチナによりできた素材で、やはり人体に害がないというメリットがあります。また、耐久性や強度も抜群です。
 

審美歯科で笑顔を取り戻そう

虫歯の治療のために歯を削った場合、これまではレジン樹脂によって削った部分を埋めたり、金属素材の被せ物をつけたりするのが一般的でした。
しかし白い歯に銀色の詰め物をしてしまうと口を大きくあけた時にとても目立ちますよね。また前歯を治療した際に銀色の被せ物をしてしまうと、ニコッと笑った際に銀歯がとても目立つようになってしまいます。
そして前歯がそんな状態ですと、口をあけて笑うことすらためらわれます。

実は歯の被せ物や詰め物は、メタルボンド冠やエステニア、エンジェルといった新しい種類の物を使うことによって本来の歯に近い仕上がりにすることができます。そうするとニコッと笑った時にのぞくのは銀歯ではなく白い歯になりますので、人前でも歯のことを期にしないで口をあけることができますね。
審美歯科では単に歯の治療をするだけではなく、美しい仕上がりにすることによって歯に関するコンプレックスを解消することができるのです。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ


一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード