歯並びを矯正したい

歯科矯正の重要性

歯科矯正の重要性

歯並びが悪いと見た目だけでなく、お口の健康や体の健康にも悪影響があります。
 
歯並びが悪いと、歯ブラシが入りにくい場所ができてしまいます。そうすると毎日歯磨きをしていても磨き残しができてしまい、虫歯が発生しやすくなったり、歯石がたまりやすいことで歯周病になりやすくなったりもします。
また、食事の際に食べ物が挟まりやすいため煩わしい思いをしたり、お子様の歯並びが悪いまま放置していると、顎の成長等に支障をきたす場合もあります。
さらに歯並びが悪いとそのことがコンプレックスとなってしまい、自分に自信を持つことができないという方もいらっしゃるでしょう。

そういったコンプレックスや不具合を解消できるのが、歯科矯正なのです。歯科矯正は、見た目の美しさを追求するだけではなく虫歯や歯周病の予防、健全な骨格の形成にも資するというわけですね。

では、歯科矯正にはどのような方法があるのでしょうか。

矯正歯科の種類

矯正歯科の種類

着脱式

着脱式の歯科矯正は、矯正器具を自由に取り外しできるため矯正具を人に見られたくないときや歯磨きの時には、これを外すことができます。
ただし、自由に着脱することができるぶん、特にお子様に関しては保護者の方の目の届かないところでこっそりと矯正器具を外してしまい、矯正がうまくいかないという場合もあります。

固定式

固定式の矯正装置は、現在行われている歯科矯正の中で最もポピュラーな方法です。
様々な歯科医院に普及しているマルチプラケットという装置は、永久歯に装具を装着し、矯正ワイヤーを通して歯を移動させていきます。また、何か問題が発生した時には装置の改善をすることも可能です。
さらに最近では、歯が密集して生えている場合でもあごの骨を矯正して拡大することで歯を抜かずに矯正を行ったり、歯の裏側に装具を付けて口を開けた時にも装具が目立たないようにして治療を行うことも可能になっています。
ただし、固定式の矯正を行う場合にもデメリットは存在します。
食事の際にはどうしても食べ物が引っかかりやすくなってしまうため、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。また、矯正具が歯茎や舌、唇に触れることで口内炎ができやすくなります。
さらに矯正具を歯の表面に固定する場合には、見た目が悪いという問題もあります。

歯並びは日々変化している?

歯並びの悪さは生まれつきのものである、というイメージがありますよね。もちろん小さいころから歯並びが悪いという方もいらっしゃるのですが、実は歯並びは、大人になってからも自然に変化することがあります。
数年単位の長い時間をかけて徐々に歯が移動し、歯並びが悪くなってしまうことがあるのです。
ここではその代表的な症状についてご紹介させていただきます。


・前歯の間に隙間が発生する
歯茎が痩せてきたり、歯茎の筋肉が衰えてきたりすると、あるいは他の歯を抜いた影響で歯が徐々に移動したりすると、歯と歯の間が広がるように開いてくることがあります。前歯の間が開くと見た目が悪いだけでなく、歯間に食べ物が詰まったりするようになります。

・前歯が前に出てくる
指をくわえる癖がある方や、その他の理由によって徐々に前歯が前方に出てくると、いわゆる「出っ歯」のような状態になってしまうことがあります。


以上のように人の歯は、時間の変化とともにその並び方が変わってくることがありますので、最近歯並びが気になるようになってきたという方は、一度当院にご相談ください。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード